ARTISTS

稲葉友宏

私は「鑑賞者と想像を介した関わりを持ち続ける彫刻」を目指して作品を制作しています。
なぜなら、目には見えない何かを想像する「豊かな時間」を提供するきっかけになることが、芸術の一つ在り方と考えているからです。
そのために鑑賞者の想像を喚起する造形を日々探求しています。特に私は表現に「空白」を用いる事を意識しています。
つまり表現の一部をあえて描写しない「空白」をつくることで鑑賞者の想像力 を喚起し、想像されたイメージを作品に取り込む事ができると期待しているからです。
最近では、一つのフォルムが変化する途中を表現することで、時間の流れの感じられる物語性のあるイメージを想像してもえることを期待した作品を発表しています。

くりかえす世界たち no.3 鉄, ウレタン塗料 166×35×107cm 2018

くりかえす世界たち no.3 鉄, ウレタン塗料 166×35×107cm 2018

And a blank no19 鉄, ウレタン塗料 23.7×39.0×11.0cm 2018

And a blank no19 鉄, ウレタン塗料 23.7×39.0×11.0cm 2018

夜のはじまる場所 no.2 鉄, ウレタン塗料 250×300×100cm 2017

夜のはじまる場所 no.2 鉄, ウレタン塗料 250×300×100cm 2017