EXHIBITIONS

松本セイジ・尾花賢一・添田奈那 キャラクターズ

CURRENT

2022.4.22 [fri] – 5.28 [sat]

YUKIKOMIZUTANI

松本セイジ 探しもの, acrylic on canvas, 1000 × 810 × 65mm, 2022

YUKIKOMIZUTANIでは、2022年4月22日(金)より2022年5月28 日(土)まで、松本セイジ、尾花賢一、添田奈那の三名によるグループ展『キャラクターズ』を開催いたします。

 

本展では、「Character」として渡来した概念が「キャラクター」としてどのように受容され、どのように変容したかを、3名の作家による3つの異なるアプローチによって探ります。

 

YUKIKOMIZUTANI初となるグループ展を是非ご高覧ください。

 

 

 

松本セイジ

1986年、大阪府生まれ。大阪芸術大学卒業後、デザイナーとしてキャリアをスタート。東京で経験を積み、アーティスト活動を開始するためニューヨークへ渡航。2017年に初めての個展にて「ねずみのANDY」を発表。これまでに東京、ニューヨーク、ロサンゼルスなどで個展やアートイベントに参加。NIKE、UNIQLO、The New York Timesなど国内外の様々な分野のアートを手がける。現在は、長野県の山麓にアトリエを構えて活動。

 

 

尾花賢一

1981年、群馬生まれ。2006年、筑波大学芸術研究科油絵専攻。土地に根差した固有の歴史や物語を背景に、劇画調のドローイングや彫刻、インスタレーションを制作。脇役としての覆面男をテーマとしたシリーズは、尾花の代表作の一つとなっている。芸術祭にも活発に参加し、近年では「奥能登国際芸術祭2020+」(珠洲市、石川)で、新作のインスタレーション《水平線のナミコ》を発表した。2021年、「VOCA展」(上野の森美術館、東京)で大賞を受賞。

 

 

添田奈那

1994年、東京生まれ。セントラルセイントマーチンズファウンデーションコース修了。アジアで売られている玩具や看板、ガラクタから影響を受け、「チープ」らしさと社会で起きる理不尽な出来事を作品のテーマとしている。平面のみならず映像や漫画、ぬいぐるみ、陶芸に至るまで、幅広い表現方法で作品を制作。

Group Exhibition 'Characters', 2022, YUKIKOMIZUTANI

Group Exhibition 'Characters', 2022, YUKIKOMIZUTANI

Seiji Matsumoto In Cheese, 1100 × 760 × 840mm, 2022

Seiji Matsumoto In Cheese, 1100 × 760 × 840mm, 2022

Group Exhibition 'Characters', 2022, YUKIKOMIZUTANI

Group Exhibition 'Characters', 2022, YUKIKOMIZUTANI

Group Exhibition 'Characters', 2022, YUKIKOMIZUTANI

Group Exhibition 'Characters', 2022, YUKIKOMIZUTANI

Group Exhibition 'Characters', 2022, YUKIKOMIZUTANI

Group Exhibition 'Characters', 2022, YUKIKOMIZUTANI

Kenichi Obana  夜道, ink on canvas, 1455 × 970 mm, 2022

Kenichi Obana  夜道, ink on canvas, 1455 × 970 mm, 2022